Schoolグラスアートを学ぼう

グラスアートを習うには

サロンについて

グラスアート花てまり・田中美よ子

グラスアートサロンはインストラクターが開いているお教室です。
資格を取得する方ばかりでなく、趣味で楽しみたい方でもどなたでも始めることができます。
(途中から、インストラクター資格取得を目指すことも可能です)
少人数だから先生に相談しやすく、素敵な仲間との出会いも・・・
インストラクターが全国各地で展開しておりますので、より近くの教室をご紹介することができます。
※期間や授業料はサロンによって異なります。

インストラクター短期養成講座について

グラスアートインストラクター短期養成講座は、全12回で「日本グラスアート協会認定インストラクター資格」を取得することができる講座です。

  • 1回の講座は10時〜16時(休憩1時間)の約5時間、全12回(約6ヶ月)で開催されます。
  • 受講料:¥60,000+税
    1回目に全額もしくは、分割で1回目と7回目に¥30,000+税ずつお支払いいただきます。
  • 教材費:約¥90,000+税
  • インストラクター認定料:¥30,000+税

グラスアートインストラクターとは?

規定のカリキュラムと技術認定を修了し、インストラクター登録をされた方は技術を人に伝えることができるインストラクター(日本グラスアート協会認定)となり、自動的に日本グラスアート協会の会員となります。

インストラクターになるとどんな特典があるの?

サロンを開いてグラスアートを教えることができます。
ご自宅で、公民館で…大きな機材も必要ないから安心です。
教材を会員割引価格で買うことができます。
リード線、次々新色展開されるカラーフィルム、オリジナル教材や図案など…
グラスアートの会報や新商品の情報がいち早く手に入ります。
商品カタログや、写真・情報満載の会報は必見です。
研修会(年に数回)に参加することができます。
毎回いろんなテーマで、新しい技術など内容も盛りだくさんです。
サロン開講に必須な「インストラクターマニュアル」が手に入ります。
カリキュラムに沿った分かりやすいマニュアルでサロン進行もスムーズです。

インストラクターになるには

グラスアートのインストラクターになるには次の2つの方法があります。

1. グラスアートサロンにおいて標準カリキュラムを修了し、技術確認(確認料¥6,000+税)をする
お近くのサロンを探す
2. 短期養成講座において全12回受講する
インストラクター短期養成講座のご案内

いずれかの条件をクリアした場合のみ、認定が可能です。
※インストラクター認定料として別途¥30,000+税がかかります

インストラクターにならなくても教材を購入することはできるの?

教材はインストラクターの方のみに販売しており、一般向けとしては取り扱っておりません。
※指導を伴っての販売は可能ですので、資格を取らなくてもサロン受講生の方はインストラクターを通して購入いただけます。

グラスアート作品の販売について

個人の責任において自由です。
ただし、本部より提供しているもの以外のデザインには著作権がかかるものもありますので、ご注意ください。

日本グラスアート協会について

平成14年11月1日に設立された「日本グラスアート協会」は、グラスアートに関する研究やカリキュラムの制作をし、会員の普及活動の支援を目的としています。主な内容としては以下の通りです。

  • 講習会や展示会などの後援
  • 指導者の育成および資格の認定
  • 新しい技術などの研究および調査
  • 会報および出版物の発行

現在は全国各地に、インストラクターでもある約3,200名の会員が所属しています。

グラスアートに関するお問合せはこちらまで